Re:word project21 since 2001
伝わる&売れる文章のルール伝わる&売れる文章のルール

ルール47 

何かを表現するには強固な土台が必要だ。

売れる文章講座

『シャーロック・ホームズ』の言葉から考えたこと。

 

この世で最も実際的なことをやりたければ、
三ヶ月ほど家にとじこもって、一日に十二時間、犯罪記録を読むことだ。
そうすれば、あらゆることがわかってくる。
 
恐怖の谷 アーサー・コナン・ドイル(早川書房)より 

 
たとえば、これが私たちならば、
犯罪記録の部分を、今自分が興味のある分野に差し替えればいい訳です。
 
 
・一日に十二時間、広告に関する本を読むことだ。
・一日に十二時間、文章に関する本を読むことだ。
・一日に十二時間、恋人の作り方に関する本を読むことだ。
 
なんでも、いいわけです。
大切なことは「12時間×90日=1080時間」の時間を積み重ねる。
やりとげることだと、思うわけです。
 
 

表現すること、を仕事としたいならば。

 
何かを表現する、というと、もともとの才能だけで、制作している印象が、
あるかもしれません。瞬間的に何かがひらめく能力だけで、
作り出しているような、印象を受けるかもしれません。
 
しかし、どのような分野にしても、ひらめきやインスピレーションだけで、
制作できるということはありません。
下地となる絶対的な『基本的知識』と『演習の時間』が必要です。
少なくとも、私の周りのクリエイター達は、みなそのような時間を積み重ね、
今に至っている人達ばかりです。
 
まずは1080時間。
自分が「本気で身につけたいこと」に集中してみる。
きっとその先には「あらゆること」が見えてくる時間が待っている。
と、ホームズを信じて、私も日々積み重ねていきたいと思います。
 
 

伝わる文章講座  佐藤 隆弘 拝

※10月17日 (火 )更新 【在庫わずか △】
売れる文章&コピーライティング講座売れる文章&コピーライティング講座

あなた&商品の魅力が「10倍伝わる」
文章講座 実践編
※実は「あの人」も受講していた!
佐藤の『売れる文章講座』実践編 >>
※お待たせしました。【受付中】です。

HOME | ルール47 シャーロックホームズの言葉から考えたこと