Re:word project21 since 2001
伝わる&売れる文章のルール伝わる&売れる文章のルール

伝わる&売れる文章のルール 43 「思い込み」が目隠しをする。

売れる文章講座

ルール 43

今のあなたに、見えていないもの。

 
 
もっと「やさしい文章が、書けたのなら伝わるのに・・・」と、
考えている方の文章は、
すでに「やさしい」場合が多いもの。
 
そう、あなたの文章が伝わらない理由は、そこではないのです。
伝わる文章が書けない理由は別の部分にあるのですが、
自分では「優しい文章さえ書ければ・・・」と、
思い込んでしまっていますから、
伝わらない本当の理由や、原因が見えなくなってしまっているのです。
 
 
伝わる文章を書きたい、と考える人にとって大切なことのひとつは、
語彙力でも、知識でも、テクニックでもありません。
自分の「思い込み」に気がつく、ということなのです。
思い込むことで「見えなくなっているもの」に気がつくことです。
 
思い込みを捨てる、ということは、
口で言うほど簡単なことではありません。
自分では認めにくい部分ですし、無意識のコンプレックスと直結する場合も
多いですから、多くの方が避けたままで終わってしまうものです。
 
 
だからこそ、その部分に気がつき、
正面から見極めよう、考えていこうとする人には、
たくさんのヒントが見つかるし、
自分でも驚くような成長と変化を、体験することができるわけです。
 
「自分には、どのような思い込みがあるのか?」
「今、本当に自分に必要なものは何なのか?」
「無意識に先延ばしにしてしまっていることは?」
 
〇〇することができれば、きっとうまくいくのに。そんな風に思い込んでいることが、あなたの成長を妨げているのかもしれません。
 
伝わる文章へと向かう旅路は、一本ではありません。
たくさんの選択肢があるし、
その途中で 吸収しなければいけないことも、たくさんあるんですよ。
 
 

伝わる文章講座  佐藤 隆弘 拝

 
※リニューアルの追伸
思い込むことで「見えなくなる」こと、は予想以上に多いものです。私(佐藤)も「自分には、そんなことはできない」と思い込み、全く手をつけていなかった仕事で「自分もクライアントも大きく成長できた」ことがたくさんあります。いや、そちらの方が多いかもしれません。
 
「自分がやってみたいこと」を追求するのは大切なことです。それと同時に「自分が、世の中のためにできること」を考えてみる過程で、貴重な発見があることも少なくありません。感謝されたこと、以前に頼まれたこと、そんなことに思いを巡らせてみてはいかがでしょうか?
 
そして、私(佐藤)に相談してみたいことがあれば声をかけてみてください。「こんなことを相談できるだろうか?」というような段階の内容でも大丈夫です。私のアドバイスが、みなさんの「思い込みの壁」を越えるお手伝いができたのなら、これほどうれしいことはありません。 佐藤への「問い合わせ」はこちらから

HOME | ルール43 思い込みのフィルターが思考を狭める

売れる文章&コピーライティング講座売れる文章&コピーライティング講座

あなた&商品の魅力が「10倍伝わる」
文章講座 実践編
※実は「あの人」も受講していた!
佐藤の『売れる文章講座』実践編 >>