Re:word project21 since 2001
伝わる&売れる文章のルール伝わる&売れる文章のルール

ルール32 無意識の力に、勝たなければいけない。

売れる文章講座

まずは強く『吐く』『すべてを出し切る』こと。

 
私は、小学校の時に「水泳記録会」の選手に選ばれた事があります。夏休み中、毎日練習があって本当にヘトヘトでした。全然、遊べないし。真っ黒になるし。今なら、選ばれても、絶対に辞退しますね(笑)それは、ともかく、その時のコーチに「息継ぎのコツ」を教わったのですが、
 

『上手な息継ぎは、空気を吸おうとするのではなく、逆に、強く吐き出すんだ。
 そうすれば、自然と空気が入ってくる』

 
と、いうものだったのですね。つまり、中途半端に空気を吸おうとすると水を飲み込んでしまう、と。逆に、強く息を吐けば、反作用で勢いよく空気が入ってくる、という事だったんですね。その時は「なるほど!」と、いう感じで、ひどく感心した記憶があります(素直だった・笑)。
 
 

■すべてを出し切ることを、恐れてはいけない。

 
文章を書く時も、全く同じです。新しい「何か」を吸収したいのならば、まずは現在の方法・考えを、一旦全部吐き出して目の前に広げてみることです。変な駆け引きや、中途半端な仕掛け、小手先のテクニックをすべて取り去って、まずは「今の自分全てを」吐き出しフラットな状態に整理してみるのですね。多くの人が無意識に行って失敗する、原因のひとつが、
 
「全てを吐き出して、ゼロになることが怖い」
 
と、いうことだと、私は考えています。全力を出し切らなければいけないことはわかっている。むしろ出し切りたいと思っている。でも「空っぽ」になることが不安で、無意識のうちに何かを残してしまう。セーブしてしまう。まだまだ余力があるから、と思うことで安心感を得ることもできる。
 
この気持ちはよくわかります。私自身、その葛藤との繰り返しの中で作業を続けてきましたから、よくわかります。でも「出し切ってしまって、後が続かなくなったらどうしよう」という気持ちが残っている間は、なかなか自分の壁を越えられないものです。越えられないから、のこりを小出しにして結局ゼロになってしまうことの繰り返しでした。
 
そこで開き直り「まずは全力で出し切る」そのあとは「全力で、あたらしい知識や情報を吸い込む!」と意気込んでいれば、出し切った以上の「何か」が入り込んできます。ふと立ち止まった書店の本棚で、次への課題が見つかったりします。あとはそれを頭のなかに流し込むのですが、空っぽですからすいすいと吸収されていきます。
 
小出しにしない。勝負所を間違えない。ここぞ、という場所が見えたならタイミングを見つけ、全力で息を吐いてみる。空になった場所に何が流れ込んでくるか。それはあなた自身で体験してみてください。
 


伝わる文章講座  佐藤 隆弘 拝


リニューアルの追記
息を奥まで吸い込み、ゆっくりと吐く。この動作は、日頃から練習しておかないと「いざ」という時に身体がついてきません。ジョギングでも、いきなり10キロは走れないように。ふだんから身体器官を慣らして、あたためたり伸ばしたりしておくことが大切なのと同じですね。

HOME | ルール32 今までの方法を白紙に戻してから書き始める