Re:word project21 since 2001
あなた&商品の魅力が『10倍伝わる』web文章講座
目次&内容説明
 
どうせなら、
おもしろくって、楽しくて、
たくさん売れる文章がいい。と考えている人のための文章講座。
 

■対象:
独学で学ぶホームページ用文章講座
 
経営者・ネットショップオーナー・
広告&web作成担当者・
独立起業家向け。
 
 
※本教材「文章講座」は、当ホームページ【限定販売】となります。他のページでは、提供を行なっていません。類似の講座・教材には、御注意願います。copyrights 2017 Re:word project21 allrights reserved. 禁複製
 

【準備編】 〜勝負は戦う前に決まっている〜
あなた&商品の魅力が、伝わる文章の書き方とは?
 

何を書けばよいのかわからない?
それは、材料(情報&資料)が集まっていないから。
 
みんなが驚き、また食べたくなる料理を作るには、素材の吟味が必要です。
準備の方法を、 A4版で、テキスト3册分、 たっぷり&丁寧に解説 しました。 
この見本の写真のように、頭に浮かんだアイデアを書き込んだり、マーキングしたりして、
自分だけのオリジナルテキストに、育ててください。
 


準備編 目次
 
1日目:【ルールその1】
「新しい「魅力」は、◯◯◯◯◯◯◯◯から生まれてくる」
 
一生懸命書いているのに、どうして『全然、伝わらない』のだろう?
それは、あなたが『思っていることを、自由に書いているから』です。
思っている事を自由に書くだけでは、結局、いつもと同じ文章で終わってしまうもの。学校の作文と、売るための文章&コピーは発想そのものが異なるのです。お客さんに伝わる「キーワード」の探し方と、コピーを組み立てていくコツを解説。
 
■数百枚以上の「作文」を添削してきて、わかったこと。
■使えるキーワードを探す 4つのヒント
■あなたのwebに「キャッチコピー」を付けてみよう。
■文章講座のコピーは「◯◯◯◯◯」で出来ている。
--他--
 
 
2日目:【ルールその2】
「商品の特徴を、ただ並べていませんか?」
 
商品の特徴が並べられただけの文章を、あなたは読みますか? 覚えていますか? 
どうすれば「最後まで、じっくりと読んでもらえるのだろう?」「どうすれば、少しでも記憶に残してもらえるのだろう?」。集中して一気に読み進めてもらい、さらに記憶に残っていく「文章の組み立て方」について考察していきます。
 
■あなたのwebが売れない理由。ここが、わかってしまえば加速する。
■◯◯◯◯◯は、読む人の記憶に残りやすい
■文章を読んで「作者に共感してしまう」パターンを考察する。
■◯◯◯◯◯を組み立てていく 4つのSTEP
--他--
 
 
日目:【ルールその3】
「もっと「お客さんに安心して」読んでもらうために」
 
 
全く同じことを書いているのに、ライバルの商品が売れ、あなたの商品が売れない理由。それは「その文章を書いている人&会社」が、信頼できるかどうか。
どんなに素晴らしいことを書いても、大声を張り上げても、この部分が欠けてしまうと、お客さんのところには届きません。小さな会社&ホームページだからできる「お客さんに安心して読み進めてもらえる」方法を解説していきます。
 
 
■「お客さんに信用して読んでもらうために、『◯◯で言いかえる』」
■まずは、この3つの視点から探してみよう
■さらに効果を高めるには「◯◯してみる」こと
■見つけるコツは『◯◯努力』+『◯◯◯◯努力』
■◯◯するとイメージしやすくなる
--他--
 
 
4日目:【ルールその4】
「まるで、お客さんと『会話』をしているかのような文章を目指して」
 
ホームページを設置する目的は最新のツールを見せびらかすのでも、映像を動かして自己満足に浸ることでも、ありません。実店鋪と同じく「お客さんとのコミニュケ-ション」の場を、作り出すいうことです。安心して楽しみながら、納得して行動してもらう空間を作ることです。
本気のお客さんほど、たくさん質問します。ホームページに用意しておきたい情報を過不足なく増やしていくための手順を解説。目指すは「実際にお客さんと会話をしているかのような」ホームページです。
 
■当然、沸き上がってくるモノ
■読んでいる人と◯◯をしていくイメージ
■お客さんの不安・疑問を解消するための『4つの答え』
■勇気を持って『検証』しよう
--他--
 
 
日目:【ルールその5】
「売れない・問い合わせがこない』。その『仕組み』がなければ、当然です」
 
初めての訪問で、すぐに購入して下さるお客様ばかりではありません。そこから縁をつなぎ、何度も訪問して覚えてもらえる工夫が必要です。
小さな工夫でも、3つ、4つと組み合わせていけば、大きく力強い「魅力」を作り出します。一度訪問して下さったお客様とのつながりを深めていくために、自分のホームページに組み込んでおきたい考え方を解説。
 
■最初の一歩を、後押ししてあげよう
■◯◯がない人から、商品は買わない
■◯◯◯◯をつけてみよう
■つながりを、途切れさせない工夫
■お客さんは文の後ろに◯◯◯を見ている
--他--

power+speed+smile+map = Re:word project21

【実践編】
素材が集まれば、後はひたすら組み立てていくのみ
 
 

例えば実店鋪の場合、棚の位置や商品のレイアウトを変更しただけで、お客さんの流れが 変化し、売り上げが大きく変わってくるものです。 これはホームページでも、全く同じ。 せっかく書いた文章&コピーでも、見せ方(読ませ方)を間違えてしまえば、伝わる量が大きく減って しまうものです。
 
【準備編】で、用意した「文章とコピー」を、 どのようにwebに組み込んでいけば、より効果的なのか? たくさん存在する、webの中から、 あなたのwebに立ち止まってもらい、一気に最後まで読んでもらうには、 どのような工夫をすれば良いのか? 佐藤の【実践例】を使いながら、解説していきます。 ノウハウに触れてしまう部分がありますので、伏せ字が多くなっています。 あらかじめ、御了承願います。


 
実践編 目次 「一部抜粋」
 
■◯◯◯違う、◯◯の広告文を考えていく理由
■「◯◯ ◯◯ ◯◯◯ の ルールをホームページに応用する」
■長い文章を、お客さんに一気に読んでもらう工夫=『◯◯』『◯◯感』」
 
◎「◯◯ページ」と「◯◯ページ」では、違う『◯◯◯◯◯◯』が必要だ。
■・◯◯用の文章「佐藤の実践例 4つのパターンを解説」
 
◎起承転結ではなく、「◯◯◯◯◯」で展開せよ。
■・◯◯ページの文章「基本的な文章の構造をマスターしよう
■・◯◯ページの文章「佐藤の実践例 9つの段落による文章構成」
 
■・最後の仕上げ  【5つのチェックポイント】
■「佐藤が考える『webデザイン(レイアウトのコツ)』
--他--

受講生限定 CDセミナー
売れるホームページのルール 準備体操編

受講者全員に 「CDセミナー 売れるホームページのルール 準備体操編」を セットで、お届けします。わかっているようで案外と忘れがちなポイントから、必ず押さえておきたい重要ポイントを解説。「あれ? もう終わりなの? もっと勉強したいので、続きはありませんか?」と受講生から評判のCDです。 (※ 現在このCD講座のみの単品販売は行なっていません。)



 

CDセミナーの内容 (51分)
 
【テーマ1】
勝負は「トップページ」で決まる。
私(佐藤)が、トップページにこだわる理由。こだわっている点を 実践例を使って解説。あなたのwebは「お客さんに素通り」されては いませんか?
 
【テーマ2】
お客さんを逃がさない工夫。 多くの方が、意外と行なっていないこと。 必ず用意しておきたいポイントを解説。 ちょっとの工夫が、大きなつながりを作り出すのです。
 
【テーマ3】
他のツールと連動させよう。 メルマガとホームページの関係(役割) 私(佐藤)は、何のためにメルマガを発行しているのか? ホームページだけでは、効果が半減する、その理由。

ページの先頭へ
アップデート方式に、ついて:『時代に合わせて、内容も進化する』
 
教材は、自社内で製本したテキストを、お届けします。 正直、見た目はよくありません。 そのかわり、パソコンのソフトを「アップ・デート」するように、 定期的に内容をチェックし、必要があれば入れ替えを行い、 より時代の流れに合った内容に修正を行っています。
 
つまり 「お届けした段階」の教材が、その時の「最新版」となるように、 随時、最適化を行っているわけです。 もともと「文章講座」という分野は、基本は変化しない(流行などの影響を受けにくい) 分野ですし、現在までに大きな変更は一度のみ ですが、 受講時期によって 偏りが起きない様に 「一度制作したら、それで完成&終了」ではなく、時代に合わせて 細かな修正(改訂)作業を提供以来、継続しているのです。
 

この講座は、9年以上提供を続けている、いわばロングセラーですが、 今でも受講生が増え続けている理由は、この「アップデート」方式に 理由があるのではないかと、私達は考えています。
 
一般的な教材のように「綺麗な装丁」が良い方へは、おすすめしませんが 内容重視の方にこそ、十分に満足していただけると思いますし、 ぜひ受講していただきたいと考えています。 ロングセラーということで「内容が古いのでは?」と気になった方も、 いらっしゃると思いましたので、おしらせさせていただきます。
 
その他の「よくある質問 Q&A」は、こちらをクリック >>>

お申し込みは、こちら。

 
あなたのwebが『新しい呼吸』を始めるのは、
この講座を受講した、7日目の朝から。
 
自分の限界まで、うんうん押す。(by夏目漱石)の準備が出来た方から、
順番に『クリック』をどうぞ。↓↓
 
LinkIconお申し込みのページは、コチラ
ページの先頭へ